高齢出産での悩みとは

結婚が遅くなり、出産も遅くなり高齢出産になってしまった女性は悩みや不安がたくさんある事でしょう。
ここでは、高齢出産に多い悩みをピックアップして原因を解決していきましょう。

高齢出産のリスクでよく言われているのが、流産率が高い事や染色体異常によるダウン症児の出生率が高い事や帝王切開での出産が多い事ですね。
流産率が上がるのは、卵細胞が老化して変化してきているからです。
卵子の老化は避ける事ができず、老化した卵子で受精すると、流産しやすくなります。

また、妊娠が継続できても上記の理由から、染色体異常でダウン症児の出生率が上がります。
しかし、高齢だからといって全員がそうなる確率がある訳では無く、個人差です。
さまざまなデータが出ていますが、妊娠中の経過も良好で出産も自然分娩で生んだ人はたくさんいます。

そして、次に多い高齢出産での悩みは不妊です。
年齢が上がれば上がる程、妊娠できにくい身体になっていきます。
不妊治療を始めたとして、体外受精や人工授精がありますが、その成功率は体外受精で1回あたり、平均30%~40%、45歳を過ぎると平均成功率よりも低い成功率となり、これに関しては技術が発展しても改良されないとしています。

高齢出産での悩みを解決する為に、妊娠しやすい、そして産める身体にしておきましょう。
まず、体力作りが重要です。
妊娠や出産は身体への負担が大きい為、運動不足は大敵になります。
そして育児は想像以上に体力を使いますので体力を維持しておく必要があります。

前向きな思考で生活するようにしましょう。
高齢出産だからといって、悩んでばかりでネガティブ思考では不思議と妊娠できないものです。
くよくよせず前向きな人の方が、結果は出ているとの報告もあります。

あとは、身体を冷やさないようにしましょう。
足腰やお腹を冷やすと血流が悪くなり、子宮の血行が悪くなりますので注意しましょう。

この記事のタグ

サイト内関連記事

不妊と高齢出産
最近の女性は仕事でキャリアを積み、それを優先しがちで結婚が遅くなる人が多い傾向に......
高齢出産での不安
高齢出産だとさまざまな不安が頭をよぎる事でしょう。 高齢出産での情報を頭に入れれ......
高齢出産でのリスク、前置胎盤とは
前置胎盤は良く聞く言葉で、不安になったりする言葉ですね。 前置胎盤とは何かを説明......
高齢出産は経済的に負担
高齢出産は経済的に余裕を持って、望む事が大切です。 なぜなら、高齢出産にはたくさ......

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

高齢出産で後悔しないために!:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://korei.jp/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。