高齢出産の体験談

ここでは40歳代の高齢出産体験談を記載していますので、この経験を読んでこれから高齢出産をする人が勇気付けられたらいいなと思います。

ケース①
45歳で3人目になる赤ちゃんを帝王切開で約2,800gの女の子を出産しました。
3年近く妊娠できない日々が続きましたが、不妊治療に通い2ヶ月目で妊娠発覚しました。
しかし、高齢出産のリスクと言われている、流産をしかかりましたが、家族の協力があったので何とか無事に妊娠継続できました。
出生前検査では、首の後ろのコブと血液検査をしました。
しかし、異常が見つかっても出産するつもりではいました。
高齢出産では、余裕を持って育児ができますが、体力が無いのが少々難です。

ケース②
42歳で1人目になる赤ちゃんを出産しました。
31歳で結婚していたものの、子作りは先延ばしにしていて、35歳を過ぎたあたりからすぐできると思っていたので、子作りを開始しました。
しかし、4年できず不妊治療に通い、7回目の体外受精で授かる事ができました。
8時間の分娩時間で出産しましたが、初産にしては早い方で高齢出産では長引くと言われていたのに、全くそれを覆しました。
出生前検査は、周りの高齢出産経験者がやっていない人が多かったのでやりませんでした。
逆に検査をして、リスクである流産をしてしまったらと思うとしなくて良かったと思います。

ケース③
41歳で普通分娩で分娩時間9時間で出産しました。
33歳で卵巣を摘出して、不妊治療7年目にて妊娠しました。
9時間という短い分娩時間だったのは、カロリーコントロールや適度な運動をしていて体重管理に努めたからだと思います。
妊娠中に努力をすれば、高齢出産のリスクなんて吹っ飛びます。

この記事のタグ

サイト内関連記事

羊水検査について
高齢出産では、生まれてくる赤ちゃんに先天異常があったり、ダウン症等の染色体異常が......
高齢出産の最高年齢の記録は?
ここでは、高齢出産の中でも世界最高齢で出産した人の例を書いてみます。 世界最高齢......
高齢出産をした芸能人は?
晩婚化している今の時代、芸能人は特に晩婚をする人が多いように思います。 芸能人の......
高齢出産でのメリットとは
高齢出産では、デメリットの話がよく出ますがメリットもあります。 ここでは、高齢出......
高齢出産で考える産み分け
高齢出産が多くなってきている中、40代で第1子を産むとなると、2人目は諦めて1人......

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

高齢出産で後悔しないために!:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://korei.jp/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。