高齢出産で考える産み分け

高齢出産が多くなってきている中、40代で第1子を産むとなると、2人目は諦めて1人っ子で育てようと思っている人も多いでしょう。

生まれてきてくれるなら、性別はこだわらないと言っても、古い家の人はやはり男の子を望む人もいるでしょうし、性別を希望したい人もたくさんいるのではないでしょうか。
そんな高齢出産の人は産み分けを実施している人も多いようです。

赤ちゃんの性別は、受精の段階で精子の染色体によって決定しています。
女の子の染色体はXXで男の子の染色体はXYです。
卵子はすべてXですので、精子がXであるのかYであるのかで決定するのです。

女の子の染色体は酸性に強く、寿命が2~3日あります。
男の子の染色体はアルカリ性に強く寿命は1日しかない細胞になります。
この結果、女の子の方が産み分けしやすいという事になりますね。

女の子を希望の場合は、受精日に余裕を持って排卵日の2~3日前に設定するとできやすいでしょう。
男の子の場合は寿命が1日しか無いので、排卵日当日に受精するとできやすいでしょう。

食事療法でも産み分けがあると言われていて、男の子が欲しい場合は、旦那様が肉や魚等の酸性食品をとり、妻がアルカリ性の強い野菜をとり、尚且つリンカルと言われるサプリメントを服用すると良いそうです。
女の子が欲しい場合はその反対で、旦那様が野菜を妻が肉や魚を取ると良いと言われています。

上記は、ほぼお金をかけずにできる産み分け方法ですが、それでは不安という人は産婦人科医療に頼る事も可能です。
女の子が欲しい場合には、性交時にピンクゼリーを使用し、男の子を望む場合はグリーンゼリーを使用したりと、他にもさまざまな産み分け方法があります。

この記事のタグ

サイト内関連記事

羊水検査について
高齢出産では、生まれてくる赤ちゃんに先天異常があったり、ダウン症等の染色体異常が......
高齢出産の最高年齢の記録は?
ここでは、高齢出産の中でも世界最高齢で出産した人の例を書いてみます。 世界最高齢......
高齢出産をした芸能人は?
晩婚化している今の時代、芸能人は特に晩婚をする人が多いように思います。 芸能人の......
高齢出産の体験談
ここでは40歳代の高齢出産の体験談を記載していますので、この経験を読んでこれから......
高齢出産でのメリットとは
高齢出産では、デメリットの話がよく出ますがメリットもあります。 ここでは、高齢出......

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

高齢出産で後悔しないために!:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://korei.jp/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。