高齢出産での育児

高齢出産の人の育児は、若いお母さんの育児とどう違ってくるのでしょうか。
妊娠や出産においては、リスクが多いと言われている高齢出産ですが、育児に関してはどうなのでしょうか。

高齢出産を経験したお母さんは、『産んだ後が大変だった』とよく口にします。
それは、出産はもちろん育児にもかなりの体力を使うからです。
若いお母さんは、体力がある為、子供に振り回されても自分の空いた時間に趣味等をする人も多いでしょう。

しかし、高齢出産のお母さんは子供のお世話で身体がいっぱいいっぱいで、子供が就寝した後はグッタリでしょう。
子供を寝かしつけている時に、いつの間にか子供より先に寝てしまったという人もたくさんいるでしょう。

しかし、高齢出産のお母さんは、若いお母さんに比べて精神的余裕があります。
精神力も育児には欠かせない大切なものです。
社会でいろんな経験をし、乗り越えてきているし、人生の先輩である高齢出産のお母さんは赤ちゃんのイタズラや夜泣きにもイライラしたりする事も少なく精神力が強く、忍耐力もあります。

高齢出産での育児のデメリットとして、母乳が出にくいといった難点があります。
高齢になると、おっぱいの機能が低下して多少母乳が出にくくなります。
そして、高齢出産のワーキングマザーは、会社で重要ポストについている人が多くストレスが溜まっている事が多いのです。

ストレスが溜まると更に母乳が出なくなってしまいます。
母乳が出ない事に更にストレスが溜まって悪循環になったりもします。
若いお母さんでも、母乳の分泌が悪く出にくい人もいっぱいいます。
おっぱいマッサージや食事療法を実施しても、母乳が出ない人は仕方無いのではないでしょうか。

ミルクでも立派な子育てです。

この記事のタグ

サイト内関連記事

高齢出産の産後
出産というものは、女性にとって人生最大に体力を消耗する仕事であります。 高齢出産......

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

高齢出産で後悔しないために!:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://korei.jp/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。