高齢出産向けの病院とは

最近では、産婦人科が少なくなり、あったとしても検診のみで分娩は受け付けていない産婦人科が多く増えています。
そして、分娩の予約も妊娠検査薬をする頃にしないと分娩予約でいっぱいでキャンセル待ちになってしまうケースが多いです。

現に私も、現在第2子妊娠中ですが、妊娠検査薬でプラスが出て5週目に入ったばかりの頃に分娩の予約に行ったのですが、既にキャンセル待ちでした。
なので、妊娠を予定しているなら、妊娠前に必ず病院を先に探しておくのが必須です。

そして、高齢出産となるとさまざまなリスクを背負う事になるのでそれ相応の病院を探す事を目標にしましょう。
高齢出産になると、産道が開きにくいといった事や前置胎盤、子宮筋腫、卵巣嚢腫等の為に緊急帝王切開となる可能性が高まります。
そして、早産率も高まったりしますので、そんな新生児は保育器で育てないといけません。
それらの設備が整っている病院を探すようにしましょう。

そして、不妊治療の末の妊娠で高齢出産で初産の場合は、ハイリスク出産と言われていますので、個人病院では断られるケースも多いです。
それで嫌な思いをする人も多いでしょう。
妊娠中はナーバスになりやすいものです。
初めから、総合病院で受診した方が、二度手間にならないし良い方法かもしれませんね。

高齢出産の人は無痛分娩を選択するのも1つの良い方法でしょう。
高齢に伴う体力の低下は、とても出産に響くので最後の体力を振り絞る時に無痛なのは助かると思いませんか?
無痛分娩を実施している病院はまだまだ少ないので良く調べておきましょう。

この記事のタグ

サイト内関連記事

高齢出産にあたる年齢
日本の産婦人科学会では、年齢が35歳以上で初めて出産する妊婦さんを『高齢出産』と......
初産の高齢出産
最近は初産から高齢出産をする人が増えてきましたね。 晩婚化が進んでいるからでしょ......
高齢出産に向けての準備
高齢出産に向けて準備が必要と思っている人もたくさんいますが、そんなに20代の妊婦......
高齢出産での妊娠生活
高齢出産に臨む妊婦さんは、安産は妊娠生活にかかっているといっても過言ではありませ......
高齢出産の周産期の過ごし方
高齢出産のリスクの1つに周産期死亡があると良く言われています。 これは、出産前後......

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

高齢出産で後悔しないために!:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://korei.jp/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。