高齢出産での妊娠生活

高齢出産に臨む妊婦さんは、安産は妊娠生活にかかっているといっても過言ではありません。
高齢出産では、前置胎盤や早産等のリスクが伴ってきます。
そして、お産の時に産道が開きにくいといった事もリスクの1つですね。

高齢出産で初産の人は特に、妊娠生活での努力が必要になります。
では、何をどのように妊娠生活を努力しなければならないのでしょう。

①体重管理
これは非常に重要です。
体重が増えすぎてしまうと、産道の周りに脂肪がついて産道がなかなか開かなくなります。
そうなると、赤ちゃんも苦しい思いをしなければならないし、陣痛の回数が多くなるのでその分、母体の体力も低下し続ける事となります。
高齢出産の人は、若い妊婦さんに比べて元々体力は低下しているので、太りすぎる事で更に難産となり体力を消耗しますので、想像を絶するしんどさに襲われてしまいます。
対策としては、毎朝体重計に乗って、妊娠中の体重管理に努めましょう。

②食事管理
食事管理ができていれば、自然に体重管理も身に付いてきますね。
食事は緑黄色野菜を良く取り、肉より魚料理+お惣菜を食べるようにします。
そして20時以降は何も食べ物は口にしない事です。
間食は何が何でも避けなければいけません。
しかし、どうしてもお腹が空いた時には、海藻類やキノコ類にノンカロリーのドレッシングをかけて食べるようにしましょう。
果汁100%のジュースやフルーツも糖分が含まれているので、妊娠中は禁止です。
食事管理もかなり厳しいですが、ここで努力をすれば、安産になるでしょう。

③適度な運動
もし、母体も胎児も健康なら、安定期に入った頃から適度な運動を心がけましょう。
適度な運動といっても、妊娠前と同じようにするのではなく妊婦体操を中心にします。
お散歩がてらにウォーキングでも良いでしょう。
妊娠を望んでいるなら、理想は妊娠前から運動をしておくのがベストです。
なぜなら、高齢出産なので体力は若い妊婦さんよりありません。
出産は体力勝負ですので、運動してある程度の体力を備えて楽な出産になるようにしましょう。

この記事のタグ

サイト内関連記事

高齢出産にあたる年齢
日本の産婦人科学会では、年齢が35歳以上で初めて出産する妊婦さんを『高齢出産』と......
初産の高齢出産
最近は初産から高齢出産をする人が増えてきましたね。 晩婚化が進んでいるからでしょ......
高齢出産に向けての準備
高齢出産に向けて準備が必要と思っている人もたくさんいますが、そんなに20代の妊婦......
高齢出産向けの病院とは
最近では、産婦人科が少なくなり、あったとしても検診のみで分娩は受け付けていない産......
高齢出産の周産期の過ごし方
高齢出産のリスクの1つに周産期死亡があると良く言われています。 これは、出産前後......

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

高齢出産で後悔しないために!:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://korei.jp/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。