高齢出産のリスクとは

高齢出産でのリスクは大きく分けて2つあります。
1つは、母体の体力面を考えたら高齢出産では体力が無いのでそれがリスクになります。
もう1つは、赤ちゃんの先天性異常です。

出産では非常に体力を消耗します。
高齢に伴う体力の低下は免れません。
妊娠前から、適度な運動を心がけておく事と妊娠中の経過を見て順調なら、妊婦体操をするように心がけましょう。

また、産道が開きにくく難産になる事もありますので、臨月にはウォーキングをして少しでも産道を柔らかくしておく事が大切です。

そして、先天性異常の赤ちゃんが生まれるリスクについては、ダウン症の赤ちゃんが生まれる可能性が20代での出産と比較した際に、多くなります。
ダウン症は染色体異常によって起こるものですが、20代での染色体異常の確率は0.1%に対して、40代の妊婦さんでは10倍もの1%に上昇します。

高齢出産では胎児に異常が無いか調べるのに、出生前検査で羊水検査を良くされる方が多いですね。
しかし、ここでも高齢出産を控えている人の場合はリスクを生じてしまいます。
ここでのリスクは流産の確率が上がるという事です。

羊水検査を受けたい人は、まず妊娠中の母親の身体的な面を考慮し、その次にこれまで家系で先天性異常があった人はいるのかを調べて、無ければ羊水検査の必要性も薄くなりますし、先天性異常がある家系では、羊水検査を実施した方が安心できるかもしれません。
しかし、これは家族同士でよく話し合って決定する事が大切です。

その他の高齢出産に伴うリスクは、卵巣の機能や血管の弾力性が弱まるので、流産や妊娠高血圧症候群や早産を起こしやすくなります。
そして、産後の回復にも20代の女性より少し時間がかかってしまうところがあります。

この記事のタグ

サイト内関連記事

高齢出産でのダウン症が生まれる確率
高齢出産に限らず、全新生児のおよそ1,000人に1人はダウン症児が生まれると言わ......
高齢出産では流産が多い?
妊娠超初期の流産はよくある事で胎児側に問題がある事が多いです。 高齢出産だからと......
高齢出産での障害
高齢出産に限らず、水銀は妊娠(胎児)の障害になる事はご存知ですか? 実は、あまり......
高齢出産での危険性とは
高齢出産だからといって、これといった危険性はありません。 20代で危険性を伴う出......
高齢出産での染色体異常のリスク
年齢が高まるにつれて、卵子の質が劣化したり老化して、染色体異常が起こりやすくなり......

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

高齢出産で後悔しないために!:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://korei.jp/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。