高齢出産でのダウン症が生まれる確率

高齢出産に限らず、全新生児のおよそ1,000人に1人はダウン症児が生まれると言われています。
その中で、高齢出産で40代出産時における、のダウン症児の出産確率は100人に1人とも言われています。

参考までに、25歳での出産で1,200人に1人、35歳で300人に1人のダウン症児が生まれてきています。
このような数字を見ると、高齢出産になればなるほどダウン症児の出産が多いのがわかりますね。

ダウン症は出生前検査をして事前に知る事ができる事をご存知でしょうか。
確かに方法はあるのですが、万能で完璧な検査ではありませんので、そういった確率があると言う事を調べる事になります。
ダウン症だけでなく、その他の胎児の異常を発見できる確率も上がりますので、高齢出産の人にとっては、安心材料になるのではないでしょうか。
しかし人によっては、『もしダウン症だと知ったら、堕胎しているかも知れない』と最後まで検査を受けずに出産に望む人も増えてきているようです。

しかし、医療の発展に伴い最近では、エコーでダウン症の可能性がある赤ちゃんがわかる場合も稀ですがあるようです。。
首に浮腫が見られたりするようです。
そういった場合に、先生から出生前検査を進められたりしますので、1度エコーを見ている時に異常が無いか先生に確認をしてみると良いでしょう。

ダウン症で生まれた子供のうち、ハイハイやつかまり立ちの運動は男の子より女の子の方が、能力が高いようです。
言語の発達も女の子の方が、早いというデータがあります。

しかし、ダウン症だからといっても言葉も喋りますし、歩く事もできるので障害児と言われていますが、1つの特徴と思ってみてはいかがでしょうか。
健康で生まれてきても、運悪く腫瘍ができてしまったり、事故にあって介護をしないといけなくなる事もある訳なので人生何があるかわかりませんよね。

この記事のタグ

サイト内関連記事

高齢出産のリスクとは
高齢出産でのリスクは大きく分けて2つあります。 1つは、母体の体力面を考えたら高......
高齢出産では流産が多い?
妊娠超初期の流産はよくある事で胎児側に問題がある事が多いです。 高齢出産だからと......
高齢出産での障害
高齢出産に限らず、水銀は妊娠(胎児)の障害になる事はご存知ですか? 実は、あまり......
高齢出産での危険性とは
高齢出産だからといって、これといった危険性はありません。 20代で危険性を伴う出......
高齢出産での染色体異常のリスク
年齢が高まるにつれて、卵子の質が劣化したり老化して、染色体異常が起こりやすくなり......

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

高齢出産で後悔しないために!:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://korei.jp/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。