高齢出産での染色体異常のリスク

年齢が高まるにつれて、卵子の質が劣化したり老化して、染色体異常が起こりやすくなります。
高齢出産になればなる程、染色体異常で流産してしまう可能性が少し上がってしまいます。

また女性だけが原因ではなく、男性の加齢でも精子のDNA損傷によって染色体異常が確認されたりしています。
流産で最も多い原因は、染色体異常になります。
染色体異常で生まれてくる赤ちゃんには、ダウン症の子供が多いです。

出生確率は35歳で1,000人に対して3人、40歳では1,000人に対して10人といった割合で、高齢になればなるほど、その確率は上がってきます。
染色体異常は母体側の原因も考えられますが、ほとんどが胎児側の原因と考えられていますので、思いつめないようにしましょう。

やはり、高齢出産という事で染色体異常があるかどうかがどうしても気になる人はいますね。
その場合は、染色体検査を受けると良いでしょう。

しかし、高齢になればなるほど染色体検査でのリスクも大きくなります。
染色体検査をする事で流産の原因になったり、早産の原因になったりします。
ですので、以下の事を頭に入れておいて、家族で話あって決定するようにしましょう。

・夫婦のいずれかが染色体異常であった場合は、遺伝も考えられるので検査する価値はあるでしょう。
・以前に染色体異常の赤ちゃんを分娩した事がある人は受けても良いかもしれません

しかし、病気がはっきりわかった時点で中絶してしまう夫婦もいるので、この問題はとてもシビアです。
病院側から検査を受けないかと提案してくれる所も少ないようなので、もし気がかりでしたら、医師に自分から伝えて相談しましょう。
場合によっては、異常がわかった時点から胎児がお腹にいる状態で、治療をする事ができる事もあるようです。

この記事のタグ

サイト内関連記事

高齢出産のリスクとは
高齢出産でのリスクは大きく分けて2つあります。 1つは、母体の体力面を考えたら高......
高齢出産でのダウン症が生まれる確率
高齢出産に限らず、全新生児のおよそ1,000人に1人はダウン症児が生まれると言わ......
高齢出産では流産が多い?
妊娠超初期の流産はよくある事で胎児側に問題がある事が多いです。 高齢出産だからと......
高齢出産での障害
高齢出産に限らず、水銀は妊娠(胎児)の障害になる事はご存知ですか? 実は、あまり......
高齢出産での危険性とは
高齢出産だからといって、これといった危険性はありません。 20代で危険性を伴う出......

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

高齢出産で後悔しないために!:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://korei.jp/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。